いろいろ書きたいことがたまっていて
でもなんだかすごく急に忙しくなり
心の余裕もなく滞っております。。。


いつまでも抜けないコロナ自粛トンネル。


父の命日すら帰省をがまんしたのですが
トンボ帰りで実家へ帰ってまいりました。

それも
コンサートをみに。。。


そのコンサートとは


20210525_183409


森高千里
この街ツアー

森高千里さんにそこまで思い入れがあったの!?と聞かれれば
実はそこまでではありません。

もちろん若いときはさんざん
合コンにいけば男子からは『森高うたってー』と言われ
雨やらわたしがオバさんになってもを
かなりやらかしたものです(笑)

でも今回どーしても
自粛中にもかかわらず行きたかった理由がありました。

それは

20210525_183340

この場所。


会場でもある 
『足利市民会館』が長い歴史を経て
来月とりこわされることになったのです。

前々からその予定はあったのですが、
その直前に足利とは強い結び付きのある森高千里さんのコンサートがあるなら
会館とのお別れにどうしてもいってみたいと思ったのです。


この会館は
となりが我が母校であり、
高校時代 管弦楽部でチェロを弾いていたわたし、
(似合いませんがなにか)
毎年この市民会館で
男子校の管弦楽部との合同発表会があったのです。

客席はきっちりまんなかでわけて
男子校と女子高の生徒はいっさい交流できない厳重警戒体制で催され(笑)
わたしたち、演奏する側はそのために
男子校の管弦楽部と合同練習の日々。

少しはそこでかっこいい男子との出会いでもあるかと思って入部したのに(おい)
管弦楽部はイヤなやつかイケてないやつしかいなくて(失礼)
ロマンスのロの字もございませんでした…

しかし
練習したその曲をあのステージで二校の全学生の前で披露したことは
自分にとって大きな思い出であり
あの市民会館のステージにはすごい強い思いがありました。

なのでこわされてしまうまえに 
どうしてもみておきたかったんです。


20210525_183244

もうかなり年季のはいった姿も

20210525_152320

なぜか裏にある入り口も

20210525_183321

中のレトロさも

20210525_183653

なつかしい…


20210525_183301

裏の庭園をみる余裕は
高校のときはなかったな。


20210525_171406

この会館で部活の集大成を披露し

20210525_183719

となりの高校に三年間雨の日も嵐の日も
自転車で通い

20210525_171645

裏の図書館で勉強をする毎日でした。


そんなノスタルジーにひたりながら
迷いに迷って
コロナにおびえながらいったコンサート。


時間も短く短縮されて
席も一人おきの50パーセントの客入れ。

コロナ禍でのライブって正直どうなの…って思ってたけど
一年以上ぶりにああいう空間にいって生歌を聴いたときに
なんか胸があつくなりました。

生歌もそうですが、
なにがじーんとしたかって
森高熱狂的ファンと思われるおじさまが
声をだせないかわりに全身全霊で踊って拍手して楽しそうにしてる姿をみて
一年前までの幸せだった自分のヲタ活の毎日を思い出して
なんか泣けてきたんですよね、、、

幸い、合コンのおかげか(笑)
セトリは全部知ってる曲だったので
(しかしむかしの曲ってほんと歌詞おぼえてますよね、、、自分でびっくりするw)

前から熱狂的森高ファンであるかのように
立ってノリノリで声は出さずに楽しんで参りました。


母も『渡良瀬橋』しか知らないのですが
生の渡良瀬橋を聞いたら涙が出たと感動しておりました…
(あれだけ三回歌ってほしかったと駄々をこねてましたがw)


何十年か前
地元の工業高校応援部が学祭に森高千里さんをよぶときいて
すごいねーなんて話していたのを思い出します。


そのときに足利の街を訪れて作ってくれた
『渡良瀬橋』が世にでて
初めて聞いたときは本当に感動しました。


なにかせつなくて
でも地元の各所が歌詞におりこまれていて 
そしてわたしが実家に帰る度にいつも思うことが入っているんです。


『夕陽がきれいな街』


足利は空が広くて
夕陽がのみこまれてしまいそうなほどオレンジがこくて
空一面が夕陽に染まる

そんな東京では絶対にみられない景色に
いつも地元で感動するんです。

それが歌詞にはいっているこの曲は
わたしにとってもすごく大切な曲。


そして森高千里さんも
いつもこの曲や足利を大事におもってくれていることがとてもうれしくて
大切な場所の最後に
足利を大事におもってくれている森高千里さんの歌をききたかったので
思いきっていってきました。


この場所はとりこわされたあと
となりのわたしの母校である女子高と
男子校が共学となってうまれかわり、この地に建つそうです。

足利市民会館の新たなスタートはどこになるかわかりませんが
またそこで渡良瀬橋を聞ける日を楽しみにしたいと思います!



森高千里さんが今日足利の美味しいものとしてあげた

『足利シュウマイ』
『岡田のパンヂュウ』


足利シュウマイは片栗粉とたまねぎでつくった
キョトキョトしたシュウマイ。

272_ext_01_0



ソースをかけていただきます。

わたしはこれが大好きで
帰る度に買って帰るくらい。

今回も時間なかったけどとりせんで

20210525_210506


買ってきました(笑)!!

めちゃ好き!
亡くなったうちの父も大好きでした。


どこかで食べたい場合は

ばんな寺(大日様)の中にある
大日茶屋で食べることができます。



かたくりしゅうまいなるものは
この辺の地域にはほかにもあるのですが
(おとなりの桐生にもたしかコロリンシュウマイとかありますよね)
そちらはもっと弾力がすごい(笑)

足利シュウマイはもちぷる!って感じです。

640x640_rect_80994786


ぜひ機会があればためしてみてください(^^)


そして森高さんも絶賛した
岡田のパンヂュウは
このまえ津のグルメシリーズでもご紹介しましたが

この市民会館からも近い神社の境内にでている屋台で焼いて売っているもの。


わたしが学生時代からあり
自転車でそのまま前にとまって100円だして焼きたてアツアツを4個買い
友達と自転車のりながら
『アツッ!!』とはふはふ食べながら帰ったものでした。


いまは3個100円ですが
それでも安い!

いままで何度か『宝くじに当たったらしいよ』とうわさがあり、
その度にもうパンヂュウ屋さんなんてやめちゃうんじゃ、、、とどぎまぎしたのですが
かわりなく寒い日も屋台をだし続けてくれて
そのうち息子さんもほかの道を断念したのか手伝い始め(あくまでもうわさですw)
いまもおじさんおばさん、息子さんと元気にお店をされていてうれしい限り。
たまに無性に食べたくなり買いにいくんです。

森高さんファンはもちろん
万が一足利方面に来る機会がありましたら
ぜひおためしください!



少し前
足利では山火事が大変で
そのときにも心配してくれていたという話や
足利との出会い、思い出をたくさん話してくれて
いいコンサートでした。

意外と会場には地元のひとが少なく、
地元民へむけての森高さんの問いかけには
得意の大声がだせないわたしは
全身ジェスチャーと割れんばかりの拍手で応えてまいりましたw




20210525_182858

わたしよりおねえさんなのに
あのミニスカ健在の森高ねえさんを見習い
わたしもハツラツと生きていきたいです。

(あの長い脚がほしいぜ…)


コンサートをみ終えたら
親と3ヶ月ぶりの再会もゆっくり話す間もなく
♪渡良瀬橋
が発車の合図で流れる駅から東京へ。

20210525_212418



さあ
また明日から仕事と勉強。

苦しいけどいつかこのトンネルも
抜けられると信じて!!


そして早くおもいっきり
声あげて歌って
ライブで燃えつきたいぜええええええ(涙)






人気ブログランキング