毎回略すと「B.T.S」になるタイトルの
ばんたんドキュメンタリー映画。

今回の第三弾はオンラインでの公開。




20200513_135219

BREAK THE SILENCE!!!


EP1と2が火曜に公開されました。


なんといっても今回の密着スタートは


20200513_135252

TOKIO~~~!!!
(ジュリアナ ジョンロビンソン風にお読みください←時代)


我らがTOKYO!!!

そう、彼らの夢、いや、目標であったTOKYO DOME公演からスタート。



天井席でほびが東京ドームについて語ってたシーンがあったのですが
まさに東京ドーム天井席でひっかかってたわたし的には

あっあっもしかしてほびの残り香席だったかも?

と変態モードで(*´Д`)ハァハァしながらスタートw




「同行とは」

20200513_135522

というテーマで語りつつ進んでいきますが
彼らが7人でいっしょにやっている意味
ずっとやってきたその理由
仲間の存在。


そんなテーマですすんでいく今回のドキュメント。

20200513_135236

ほんとにみんな個性が違くて
性格も違うのに
それぞれ得意分野があって
なぜあのひとつのものすごいパワーと芸術性が生み出されるのか
奇跡でしかないとあらためて思わされるわけで。


20200513_135307

わたしたちにとって彼らはヒーローでありスターだけど
舞台をおりればひとりの青年。


公演のあとでうまくできなかったと泣くマンネと
身体がこわれるほど踊るその魅力をよくわかったうえで
プロなら体力をコントロールすべきだと心配するホソクヒョン。


それぞれのステージの感想や忠告やそんな話をしながら激しい公演のあと
ケータリングをむさぼりたべる20代の青年たち。


「曲をつくる」というチャレンジをするクオズに
暖かく見守り手をさしのべるヒョンたち。

ユンギが「よくこのメンバーがそろった、運命だ」という通り。

彼らが今まで「あたりまえだ」と思って全力で取りくんできたこと
ひとりもぬけることなくやり抜いてきた仕事
それが当たり前ではなかったことをまわりが見えるようになって気付き
この7人でよかったといま思う彼ら。


ステージをみるとその完璧さにのけぞるけれど

ホテルに帰るとドライヤーのまとめたコードをほどくのがめんどくさくて
そのまま無理やり乾かし
一ページだけ読んで読書したと満足する長男もいればw





20200513_135457

ひたすら作詞にとりくむクオズも。


テテの横顔はほんとに芸術だわ、、、、と見惚れると同時に
このまゆげをすりすりしながら作詞に没頭してる姿をみて萌えポイントが。

20-05-13-13-54-16-305_deco


あ!


日本のポテトチップ♡←そこw




ひとりで没頭するテテの一方で
ジミンちゃんはミニモニコンビでナムジュニの部屋で相談しながら作っていく。


一年にわたるツアーの中で
彼らのセトリが決まっていて、同じでマンネリとおもわれたくない
でも毎回変えてしまっては初めてきたひとがオリジナルをみたかったと思うかもしれない
と、ライブ構成にもジレンマをかかえていることや
グクがこれから年をとってただのオジサンになったときに
いっしょにいてくれるのは誰なんだろう、
またそのときアミにきいてみたい、あのときのばんたんはどうだったんだ、
かっこよかったのかと、、、
って話す姿もなんか胸にきました。

今はこんなにスターだけどいつか自分もただのオジサンになるという
不安もこめつつ
いま輝いてる自分たちを過去の栄光として俯瞰で話す姿。。。

きっと努力を怠らない彼らは
ただのオジサンになるときなんて来るはずないと思っているのに。


KPOPのみならず
世界中のトップアーテイストから一目置かれる存在になった彼らが
今でも公演の前には必ず数日前にその国に入り
念入りなリハーサルをし
公演が何日間あろうと毎日必ずリハーサルをする姿をアミは知ってます。

KPOP系は当日入りなんてのもザラだし(おえよなw)
初日はリハしても毎日するアーテイストは多くないはず。

彼らは必ずやっている。

だからこそあのパフォーマンスなんですよね。

「マンネリ」なんて心配はしないでほしい。

あの爆発力のある最高のパフォーマンスを何度もこの目で見たくていくんだから。


奇跡的にそろった東京ドーム初日のアミたちのアンコール合唱
♪ FOR YOU

あのなかのひとりになれてよかった。

しかもあの歌を舞台の下であんなふうにホビが聞いてくれてたなんて。


もうEP1だけで号泣してたんですけど
どうしたらいいすかwww



もう最初の2話だけで鬼リピしておりますw


まだの方、お金とられますけど
興味ある方はこちらでごらんください^^






a-nationも今年は中止決定。
KCONもなにやらオンラインで1週間にわたってやるとか??

だいぶ感染者はおちついてきましたが
今年の夏はまだまだ我慢の夏になりそうですね。。。

ついこの前いったのに
遠い昔の夢の中の話のようなMAMAを思い出し


20200513_122643967

懐かしのサンドを買ってみました。



そう、あれです!


20200513_122758392

エビサンド!!!




名古屋といえばおえよもいったあのコンパル!




あれと似たサンドが浅草の喫茶店で食べられます。
こちらはコンパルを真似したわけではなく
かなり古い喫茶店でお客さんから「エビフライはさんでみたらどう?」と言われて
始めたメニューでおみやげにも人気のメニューです。


コンパルのほうが卵焼きが入っててソースたっぷりですが
こちらのほうがさっぱり。
でもおいしいですよ^^


名古屋にいく機会も当分なさそうなので
こちらで想い出にひたってみました。




こちらでお持ち帰りもできますよ^^




ポチよろしかったら♪


にほんブログ村