あちこちに潜む沼。
そこに堕ちるのにはそれぞれのきっかけがあり
『好きになることには理屈なんてない』

絵も音楽も
あーだこーだ評論家ぶる人はいるけれど
要は自分が好きか嫌いか、それだけなんですよね。

そんな『ペン』に焦点を当てたオーディション番組が
去年韓国で放送され
実際わたしは世の中がプエクにもりあがってるとき
こちらにはまっていたのでした。
(Mnetがみられないせいですが笑)

そのタイトルもずばり

『THE FAN』

ひとことでいうと
『ペンダムサバイバル』です。

サバイバルオーディションにチャレンジするひとも
自分で出るのではなく、
誰かが推薦しないと出られません。

芸能人やタレント、歌手などいわゆるすでにスターである著名人が
どこかで聞いた歌ではまった歌手
あのとき出会って忘れられない歌
そんな自分のお気に入りを推薦し、
その推薦されたチャレンジャーがオーディションを戦うことになります。

スターが先に気づいたスター候補の原石をみんなに紹介し
どれだけペンを増やすかというシステム。


そうして出てきた
チャレンジャーはこの顔ぶれ。

左がオーディション参加者(推薦されたひと)
右が推薦したひとです。


20190911_031642
20190911_031752
20190911_031826
20190911_031717
みんな出会いは様々。

オーディション参加者もすでにインディーズで活躍しているひともいれば
まだデビューの予定もない練習生、
さらにYouTuberも。

ある日偶然に耳にした歌に涙がとまらなかったからという理由だったりして
推薦者と本人の面識がないひともいます。


まず第一ラウンドはそれぞれ一曲歌い
会場に300人いる観客が『そのひとのファンになった』ら
ボタンを押し、200人を超えればクリア。
それ以下になってしまった脱落者のなかから
モバイル投票数の高かったひとは敗者復活できます。


重要な審査員的
『ペンマスター』のみなさんは
この四人。

20190911_032228

この四人の人選最高でした。
リアクションもコメントもかなりいいですw

彼らの役目は、ペンマスターとして
チャレンジャーの舞台の評価はするのですが
もっている権利は会場のひとと同じく一票のみ。

ただ、ステージ終了後に
評価のコメントとともに
『わたしはペンになりました』
『今回はペンになりませんでした』
と名言するので
会場の票数もちょっとそれにひっぱられてる感じは
いなめませんでしたね。


(ここからネタバレありますので見たくない方は回れ右!)


さてそのオーディションで
一番強烈に印象に残ったのは

アイドル博士としてお馴染み

20190911_034420

パクソヒョンさん。

結婚もしてないしナムチンもいないので家ではアイドルの動画ばかりみてるそうで←
そんななか偶然目にしたある動画。

2年前に金海の中学生が
地元のイベントで披露していたばんたんの『血汗涙』
そこでアイドル博士のレーダーが
はげしくなりました(笑)

この子は誰だ!と。

結局いまはどうなっているのかも全然わからないけれど
中学生だったあの彼を推薦したい、と出てきたのが

20190911_034454

イム・ジミンくん。


同じ名前のジミンちゃんに
番組制作スタッフがその映像をみせると

20190911_032412

この字幕のとおりw

え?中学生なんですか!?
ぼくはこんなに踊れなかった…
彼、僕より上手です!と笑うジミンちゃん。

そのきっかけとなった映像がこちら。




青いジャケットのまだあどけない彼がジミン。



パクソヒョンさんも現在の彼がどうなっているのか
緊張した面持ちのなか登場した
金海のジミンちゃんは

20190911_034252

登場から度肝を抜くダンス!

20190911_034330

美しい身のこなしに
背も伸びてスタイルも最高!

20190911_035520

王子様か!!

20190911_033556

とんでもないオーラをふりまき


19-09-11-03-50-23-721_deco

会場じゅうの女子が
こんなことにwww

そして
スペシャルインフルエンサーペンとして招かれていた

19-09-11-03-50-42-058_deco

チョンセウンくんも
イサンファさんも感嘆しか出ず←


その舞台にアイドルにはとくに辛口なBoA先輩が

『ピ先輩のデビューしたときを思い出した』
と、言わしめる始末。

BoA先輩はその後も
ステージをみるたび絶賛。

『個人的には今のアイドルすべてのなかでも
トップ5には入ると思う』
との高評価。


最初はドキドキしてたパクソヒョンさんも
ねっからのヲタですから
期待以上の成長を遂げていたジミンちゃんをみて
最終的には



20190911_121705

ずぶずぶのヲタにwwww






20190911_121623

紹介したスターどころか
最後にはただのおっかけに
なってましたwwww(本物や・・・)


リトルジミンちゃんは結局この金海のイベント後
しばらくして練習生になったらしく
ひとりでソウルに上京し学校と事務所の練習室を行き来するだけの生活だったようで
そんななかこのチャンスがまいこんだのでした。

プデュは考えなかったの?とペンマスターにも聞かれてたのですが
わなわんのときのプデュシーズン2は練習生になって
まだ半年たつかどうか。。な時期だったらしく自信がなかったようですが
彼がもしプデュに出ていたら
かなりいい線いってたんじゃないかな、、、ってくらいスターオーラがあるんです。

今回のプエクに出てたら間違いなくセンターだったと思う←


かっこいいダンスと歌をおえると
ただの乙女になるジミンちゃんw

腰が低く「かむさはむにだあああ」とぺこぺこして
そのギャップもたまりませんww

おじいちゃんが大好きでおじいちゃんは彼を応援するために
一大決心してスマホに変え(かわいいw)
一生懸命彼の動画をみているとか。
もうほんといい子なんです。


そしてもうひとり
わたしも強烈にはまった



20190911_041038

BIBI!!!


彼女はいなかのただの音楽好きな女子高生でした。

その彼女に気づいたのはこの二人。

20190911_040938

ユンミレ&タイガーJKのラッパー夫婦。


サウンドクラウドであなたへのおススメにあがってきた
BIBIの曲をきいて一気に堕ち
連絡したという出会い。


イチ女子高生にとっては夢のような出会いですよねー。


この彼女の魅力は底なしで



20190911_040852

トレードマークは
自分で書いている右目の下のほくろ二つ。


音楽の娘だと
ユンミレさんは母のようにいっしょに緊張し見守り
一番のペンなのです。

20190911_041104


そんなBIBIはステージに飲まれることもなく
むしろ会場を飲み込んで
完全に掌握する末恐ろしさ。


20190911_040922

その魅力に会場のおにいさんも

20190911_040959

この表情www
(このおにいさんリアクションよくて
よく抜かれますw)


声も雰囲気もすごく魅力的で

20190911_041015

彼女が2ラウンドで
レドベルの「Peek A Boo」を選んだ時も
どうやって歌うんだろう?と思いましたが
完全なBIBIワールド!!!







さらに印象的だったのは
この韓国のバービー人形と言われる

20190911_121502

ハンチェヨンさんが紹介したひとりの不運な青年。



20190911_121419

ヨンジェ。


彼は中国のサバイバルオーディション番組に参加し
無事勝ち抜いてデビューが決まった・・はずなのに
そのデビューが白紙になってしまいました。

実はそのとき、中国と韓国の関係が悪化し
中国から韓流締め出しなどがありましたよね?
あのタイミングでデビューだったので
唯一韓国人で合格していた彼だけがはずされ
中国人の合格者だけでデビューしたといいます。


彼は成功者だったはずなのに
一気に未来を奪われてしまいました。

ハンチェヨンさんはその中国の番組の審査員として出演していたらしく
彼の歌がとっても魅力的で忘れられないということで
彼を紹介したのでした。


ヨンジュくんは最初からとっても声もよくて歌もうまくて
みんなびっくりしたのですが
なんとなく目が怯えてるというか
ペンマスターさんが「捨てられた子犬のような目だった」と言っていたのですが
まさにそのとおりで自信もなくし人を信じることもできてないのかもという空気が。

でも彼の魅力にみんなが夢中になり
勝ち進んでいく中で彼が変わったステージ。

絶賛されたのがこのステージでした。





自分を応援したり愛してくれる人がたくさんいることがありがたくて
そんなみなさんに「求愛」する歌です。

彼にぴったりあっていて
この歌は衝撃的でした。


BoA先輩がヨンジュの目を見られないほど
ときめいてしまったそうですww

(芸歴が長いので歌手とか今までときめいたことがないけど
初めてやられたと←)



さらにこのこわもてR&Bシンガー

20190911_034647

TWLV(トゥエルブ)




彼は人気ラッパーのDok2とSUPERBEEの推薦で出てきたのですが
彼らはSNSで知り合ったそうでw


人気ラッパーの彼らにコンタクトしてきて
歌をきいたらすごくよくて
初めて会って肉を食べに行ったそう。

こんなこわもてなのにキャラはやさしいといじられてましたw


そのギャップが彼の一番の魅力で
こんな風貌なのに歌いだすと超甘い声のR&B!!!




さっきのおにいさんも


20190911_034703

びっくりして口あけっぱなしですwwww





さらにこのかた。


20190911_035428

ロドリゲス的な濃い系

20190911_035411

CAR THE GARDEN


彼はインディーズですでに有名だったようで
大御所歌手の女性が紹介したのですが
すでにユヒユルさんも知ってましたし
こういうタイプの歌手は韓国で人気ですよね。


わたしは正直全然ひっかからず←ごめんなさいww


でも実は彼が優勝しました。
1ラウンドでまさかの脱落。
敗者復活で上がってきて結局優勝。

キャラはけっこうおもろいです。
(推しじゃないと説明薄くてすんませんw)



さらにさらに!
神話の彼らが推薦したのは

20190911_032328


このまだ15歳の二人。


20190911_032258

ミンジェ&ヒジュン。


ダンスの大会で優勝したらしく
神話のおにいさんたちが絶賛。

実際彼らのステージをみて大騒ぎになります。

その最初のステージがこちら。




歌も全部もちろん歌っているし
さすが若い!
体力すごい!

そして緊張しないんかい!!!

と、会場の大人たちも度肝を抜かれました。



15歳でこれって末恐ろしくない???

20190911_032158

特に右のヒジュンくん
超好みなんですけど(犯罪)
はやくおっきくなってデビューしておいでー♡



そしてもうひとり。
印象的だったのは


JYPの秘密兵器を連れてきたと

20190911_032442

ジュノ先輩イチ押しの

20190911_032244

イェジ。



とにかく緊張してたジュノ先輩が可愛すぎました。
彼女のステージ中ずっと落ち着かないし
汗びっしょりかいて
いい先輩やなーとほのぼのw


正直彼女は最初のステージではそこまで魅了することはできず
1ラウンドで落ちてしまったのですが
敗者復活でチャンスを得て
ワンステージごとにどんどん成長していく姿に
みんな驚かされました。

BoA先輩も許されるならプロデユースしてみたいと思わず言ってしまったほど。


20190911_032503

彼女は最後まで残れませんでしたが
善戦し
とっても将来を感じさせる存在でした。



が!!


あっという間にふたたび彼女を見る機会がやってきました。


なんと
今をトキメク



ITZYのリーダーとしてデビュー!!!


いまや1位もとり
うちのアイドル専門家ヒチョル様の心をひとりじめにしている
ITZY!!!
(ヒニムもこの前までTWICE、TWICEうるさかったのに
心変わり早いw
どのみちJYPが好きなのよね)


わたしの推していたジミンとBIBIは
ベスト3まで残り
そこでジミンが脱落。
最後の二人の対決でBIBIとCAR THE GARDENが戦い
CAR THE GARDENが見事優勝。

この番組は優勝者のペンダムに賞金と超高級マッサージチェアが贈られるというw
(どうやってわけるんだろ)

その後は、先日もご紹介しましたが
ジミンちゃんはソロデビューを果たし
インガのMCをがんばっていますし
BIBIはユンミレさんとこのレーベルの期待の新人としてデビュー。
プロの道を歩み始めています。


ミンジェ&ヒジュンには今度プデュでてほしいなー


そして毎回ステージではいつも力が入りすぎて
緊張してうまくできなかったひとがひとりいまして。。。
ものすごく気になる存在でした。

なんかせっかくいい歌うたうのに
もったいない。ほっとけない。わたしがついててあげなきゃ!と
思わせる存在←



CokeBath(コクバス)

最後の対決で彼は今までと全然違う選曲で勝負に出て
ペンマスターには酷評されてしまうのですが
会場のペンは高い評価をして彼を応援したのでした。

テヤンの歌を歌い歌った後も
後悔の表情を自らだしてしまった最後のステージ。




彼は音楽を学んだことはないけど
独学で曲をつくり今もインディーズでがんばっているようです。





これみるとキーボードのなんかかぶってるひとが
コクバスみたいなスーパーだけど
歌ってるのがコクバスですね。。。


がんばれ!
コクバス!!!





ってことで長々となりましたが
わたしがはまっていたドペン。

出演者みんなすごかったんですけど
特にわたしの推しをご紹介させていただきました。

毎回レベルの高いステージで
とっても楽しかったので機会があれば見てみてくださいね!


これから彼らのブレイクもあるかも???





よろしかったらポチおねがいします^^

にほんブログ村